赤ちゃんに紫外線の影響は?お出かけで日焼けしないグッズとは?

暖かい季節になってくると、

赤ちゃんともお外で張り切ってお散歩しやすいですよね♪

でも、ちょっと待ってください!

赤ちゃんの紫外線対策できてます?

今回は、気になる赤ちゃんの紫外線の影響や、

お出かけで日焼けしないためのグッズなどを

紹介していきます!

スポンサーリンク
  

赤ちゃんに紫外線はどう影響する?

ぽかぽか陽気の中に潜む紫外線。

大人だけでなく、赤ちゃんにも紫外線は大きく影響してきます。

というのも、大人に比べてまだ未熟なお肌であり、外からの刺激にとっても弱いんです・・・。

そして、ちょっとの刺激にお肌の水分も逃れやすく、

紫外線を浴びることでお肌の深いところまで影響されて、

お肌の機能を破壊されかねません・・・。

ご存知のように、紫外線といえば

・皮膚の老化が進みやすくなる

・免疫機能が低下しやすくなる

・皮膚がんを発症しやすくなってしまう

・白内障の発症率が高くなってしまう

など様々な影響が出てしまいます。

しかし、これは極端に浴びすぎてしまった場合ですので、

お部屋で短時間のひなたぼっこなどはビタミンDの生成してくれるし、

時間のリズムが作られるので、

全然浴びさせないといったことは避けたいですね♪

家の次女は、生まれてすぐに黄疸が出ていて、

ひなたぼっこはさせてくださいと病院に言われていたりもしたので、

あまり浴びすぎない程度に気をつけながらひなたぼっこさせたいですね☆

気をつけるべきは、外出の時です!

次では、外出の時の赤ちゃんの

日焼けしないためにはどうすればいいかを見ていきましょう!

赤ちゃんとお出かけ日焼けしないためには?

お出かけの際に、日焼けさせないためにはまずは日焼け止めが大事ですね♪

赤ちゃん用の日焼け止めはドラッグストアなどに売ってあります。

ベビー用の日焼け止めは、

「紫外線散乱剤」が使われており、

紫外線を跳ね返すものになっているのでお肌に優しいです。

また、無添加など赤ちゃんの敏感な肌に合わせたものが多いので、

一つは揃えておきましょう☆

外出の時間の長さによって、

「SPF」や「PA」を使い分けると効果的です。

ちょっとした買い物に行くくらいの外出なら、SPF10~20程度

公園で思いっきり遊ぶ~といったときは、

SPF20~30程度でOKです♪

SPF→紫外線を防ぐ力のこと。数値が高いと効果が長続きするが、お肌への刺激も強くなります。

PA→紫外線をカットする力。

スポンサーリンク

ベビー用の日焼け止めであれば、

生後3ヶ月くらいからは使えるものが多いです。

ムラなく肌が出るところに塗ってあげましょう♪

ここで、日焼け止めを落とす時も、

落としやすいものを選ぶと肌荒れになりにくいですよ☆

抱っこ紐なんかでちょっと出かける時も

なるべく日焼け止めはしてあげたほうがいいですね。

というのも、私自身が抱っこ紐だし、

靴下で足も隠れてるしちょっとくらいなら大丈夫かな??と、

子供と外出して短時間で

真っ赤になってしまうくらいの日焼けをさせてしまったので、

短時間でも日差しの強い時などは気をつけておきましょう!

では、日焼け止め以外で紫外線を徹底的にガードしていくためには、

どんなグッズを使えばいいかを次で紹介していきますね。

赤ちゃんの日焼けしないグッズとは?

日焼け止めを塗ったからもう、バッチリ!!

と、思ってませんか??

もうちょっとだけ、紫外線対策してくれるグッズを準備しておきましょう!

まずは、日焼け止めが塗れない頭。

つばの広い帽子で、しっかりガードしてあげましょう♪

赤ちゃんのうちから帽子をかぶるクセがついてると、

ちょっと大きくなっても嫌がることなく素直にかぶってくれたりします☆

もし、帽子を嫌がってしまうなら、ママが日傘をさしてあげるといいですね♪

あとは、うちの長女は帽子をかぶるクセがあまり無かったので、

動き回る頃にとても嫌がったのですが、薄手のマントを作ってあげて、

レースで縁取って頭にかぶせてました。

お姫様気分やあかずきんちゃん気取りです笑

男の子なら、キャラクターものなんかだと

変身した気分でつけてくれるかもしれないですね♪

次に、レッグウォーマー

夏でも薄手のものがあります。

ただ、ずれたりしているとそこが日焼けしてしまうので、

やはり日焼け止めは塗っておきたいところですね。

レッグウォーマーなんかを嫌がる場合は、

薄手の長ズボンや長袖を着せてあげるといいですが、

汗をかきやすいので水分補給を

マメにやってあげましょう♪

ベビーカーや抱っこ紐でも、

角度によって日焼けしてしまうところも出てくるので、

日よけカバーやガーゼケットなどで徹底ガードしましょう!

ここで忘れていけないのは、車での移動でも日焼けしてしまうことが多いので、

車での移動はサンシェードなどがおすすめです♪

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんの紫外線対策をしっかりして、暑い季節も快適に過ごしていきましょう!

スポンサーリンク

One Response to “赤ちゃんに紫外線の影響は?お出かけで日焼けしないグッズとは?”

桃の節句のお祝いはいつにする?子供の服装は?料理はどうする? | 今日の気になる へ返信する